ワキガと汗の臭い

ワキガ臭と汗の臭いを同じように考えている人もいると思いますが、ワキガの臭いと汗の臭いとは別物です。

汗の臭いはお風呂などに入らなければ当然しますし、誰でも臭いを発します。

汗の臭いの他にもタバコの臭いや香水なども使うでしょうから臭いを発します。

汗にも種類があり、ワキガの臭いの元となる臭いを出すアポクリン汗とそうでないエクリン汗があります。

原因となるのはアポクリン汗腺からでる汗です。

この汗が皮膚の細菌と反応して臭いを発生させます。日本では臭いに関して敏感に反応するようになってきました。

少しでも体臭がするようなら、特別な目で見られるようになり、とても周りに気を使わなければいけない状態になっています。臭いに関して神経をつかわなければいけないようになってきています。

ワキガに関してあまり知識がない人の中にはワキガの人は不潔な人であると思い込んでいる人もいます。

不潔にしていればワキガの人でなくても強い臭いを発することもありますが、普段から清潔にしていてもワキガの臭いは改善されるわけではありません。

正しい知識を身につけるようにすることが大切になってきます。
ワキガの人は美容外科や皮膚科の医師に相談するのが良いでしょう。

手術に関しても最近では短時間で治療ができるワキガ手術もあります。悩みは人には相談しにくいと一人で悩んでいるなら専門の医師に相談してみてください。

ワキガはうつるのか?

ワキガの人からワキガでない人へうつると思っている人が結構います。

伝染病などではないので人から人へとはうつることはありません。

このようなワキガに対して誤解をする人が多いのでワキガの人はますます肩身の狭い思いをすることになります。

ワキガはアポクリン汗腺からでる分泌物と細菌が反応することでワキガになります。

ワキガは遺伝によってワキガになることはありますが、他人からワキガをうつされるようなことはありませんので安心してください。

日本人は臭いに関して過敏に反応するので、体臭のキツイ人は色々と苦労します。
体臭は欧米では気にする人はあまりいません。

耳垢でワキガかどうかわかると言われています。

耳垢が湿っている人全てがワキガになるわけではありませんが、ワキガの原因であるアポクリン汗腺が耳の中には多く集まっているので、耳垢が湿っている人はワキガになりやすいとされています。

ワキガ体質について

腋臭(ワキガ)の体質を改善について解説します。
腋臭(ワキガ)になる原因には、親かの遺伝や食生活、生活習慣などが腋臭(ワキガ)の原因などがあります。
腋臭(ワキガ)になるのは避けられないかもしれませんが、食生活や生活習慣で腋臭(ワキガ)の体質が改善することもあります。
重い腋臭(ワキガ)の場合はもちろん腋臭の手術をしなければ腋臭(ワキガ)を治すのは無理ですが、軽い腋臭(ワキガ)なら生活習慣で腋臭(ワキガ)の体質を改善できます。
油物は腋臭(ワキガ)を悪化させる原因の一つとして考えられています。
欧米人に腋臭(ワキガ)の人が多いのは肉食が中心だからとされています。
これらを心掛けてすることで腋臭(ワキガ)の体質改善になってきます。

腋臭(ワキガ)に効果が薬や石鹸、制汗剤なども多く販売されていますので、それらもうまく利用してケアに努めるようにしましょう。

ワキガの原因について考えてみる

腋臭(ワキガ)の原因について考えてみたいと思います。

腋臭(ワキガ)の臭いは本人は気づくことはありませんが、他人はぐに気づきます。

原因は汗腺から出てくる分泌物が菌に分解され腋臭(ワキガ)の臭いが発生します。

これに皮脂腺から出てくる分泌物が腋臭(ワキガ)の原因となるわけです。

このように聞くと腋臭ワキガ)の原因である汗腺や皮脂腺がとても悪いもののように聞こえるかもしれませんが、汗腺も皮脂腺も人間にはなくてはならないものです。

腋臭(ワキガ)の原因になる汗腺も皮脂腺も個人差があります。
腋臭(ワキガ)の原因は汗腺や皮脂腺だけでなく、親からの遺伝や普段からの生活習慣からの影響もあります。

日常的に腋臭(ワキガ)のケアをしても腋臭(ワキガ)は体質的なものが大きく影響しているので完全には改善されません。

しかし、ワキガの予防するだけで臭いは軽減されていきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。