ワキガは女性がなりやすい

男性より女性の方がワキガになりやすいです。

女性は男性に比べ皮下脂肪が多く、アポクリン汗腺の数が多いので汗をかきやすいと言うのが理由の一つです。

汗をかきやすいと言うことはそれだけ臭いを出しやすくなります。

女性に比べ自分の体臭を気にする人があまりいないこともありますが、それほど深刻に考えていない人が多いようです。

汗腺を刺激する食べ物であるケーキなどの乳製品を女性の場合は好んで食べることから余計にワキガになりやすいです。

汗をかきやすい人がすべてワキガになりやすいわけではありません。

ワキガ臭を発生させないエクリン汗なら臭いがでることはありません。

問題はワキガ臭を発生させるアポクリン汗をかいているかどうかになります。

エクリン汗はアポクリン汗を体中に広げる作用がありますので、エクリン汗をかく人はワキガ臭を発生させやすくなります。

思春期などにワキガになれば、周りの目なども気になりますし、成人の人でも営業職など人と接することが多い職業に就いている人は臭いが気になります。

短期間にワキガ症を治療するには生活習慣を改善することは必要となりますし、美容クリニックなどでワキガの手術をすることでワキガ症の改善をすることができます。
この記事へのコメント
こんにちは、コメントさせていただきます。ワキガ対策にお酢が効くってご存知でしたか?よろしかったら覗いて下さい。http://altech18.livedoor.biz/archives/50835711.html よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
Posted by お酢の情報局 at 2007年06月19日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。