ワキガの割合について


欧米では10人に8人の割合で、実に80%がワキガの人と言うことになります。

周りがワキガの人が多いからかも知れませんが、ワキガの臭いを気にする人がほとんどいないようです。

日本では10人に1人の割合と言われています。

欧米では肉食が盛んなのでワキガになりやすく、臭いを個性ととらえるような風習でワキガに関してはまったく気にしていないのが現状です。

日本では臭いに関してもチェックが厳しく、臭いに関しては厳しく反応しています。
少し過剰すぎるのも良くはないと思います。

臭いも軽度のものであれば、制汗剤などで臭いを分からなくすることができますが、重度のワキガであれば手術が必要になってきます。

周りにワキガの人がいても日本では、その人と仲が良くなければなかなか指摘できるものではありません。

本人がワキガだと気が付いてければ、指摘してあげる方が本人のためにもなるので良いですね。
この記事へのコメント
tbありがとうございます。わきがについてブログを公開していますので、遊びに来てくださいね。
Posted by わきがお悩みバンク at 2007年06月15日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。