子供のワキガ

子供でもなることがあります。原因であるアポクリン汗腺は思春期に発達するので、成長過程でワキガの手術をしてしまうとアポクリン汗腺を取り残すことになります。

子供ワキガ手術を受けさせるなら思春期を越えた頃にするのが良いでしょう。
食生活の欧米化にともないワキガになる子供も増えてきています。

子供が原因には食生活が欧米化している他にも遺伝も考えられます。
親の遺伝子を受け継いで子供もワキガになる可能性が高くなります。

重度のワキガであれば手術が必要になってきますが、軽度のワキガであれば制汗剤や消臭剤などで臭いを防ぐ方法を考えた方が良いでしょう。

子供のうちは外科手術によるワキガの治療は薬やワキガに効果があるとミョウバンなどを使うようにしましょう。

手術は体に負担がかかるので子供にはおすすめはできません。
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。わきがについて紹介していますので、よかったら見に来てくださいね
Posted by わきがお悩みバンク at 2007年06月12日 18:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44601689

この記事へのトラックバック

HPのお薦め病院リニューアルしました。
Excerpt: 夫とわきぶーの会話の続きは明日書くとして、 週末HPの『お薦め病院』を病院情報に改名してかなりリニューアルしました。 あるコメントがきっかけで、少し考えさせられました。 ワキガ手術に..
Weblog: ♪わきぶーのワキガ手術体験レポート♪
Tracked: 2007-06-12 17:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。