ワキガと汗腺について

ワキガはアポクリン汗腺から出てくる分泌物と細菌が反応することで臭いが発せられるので、汗腺からでてくる分泌物を取り除くようにするか、細菌を除去することで臭いを抑えることができます。

殺菌剤などは炎症を引き起こす事も殺菌剤の使用はあまり多用しない方が良いかもしれません。

制汗剤などが販売されていますので、うまく利用すればワキガの臭いを抑えることができます。

臭いを防ぐために普段からストレスを溜めないようにすることを考えなければいけません。

人の中にはワキガの手術後に後遺症などに悩まされるケースもあります。

汗腺を切り取ってしまう方法がとられていましたが、このワキガ手術方法だと傷口が大きく残り、縫合するので手術後に腕に違和感などが出てくるので注意が必要です。

ワキガと汗の臭い

ワキガ臭と汗の臭いを同じように考えている人もいると思いますが、ワキガの臭いと汗の臭いとは別物です。

汗の臭いはお風呂などに入らなければ当然しますし、誰でも臭いを発します。

汗の臭いの他にもタバコの臭いや香水なども使うでしょうから臭いを発します。

汗にも種類があり、ワキガの臭いの元となる臭いを出すアポクリン汗とそうでないエクリン汗があります。

原因となるのはアポクリン汗腺からでる汗です。

この汗が皮膚の細菌と反応して臭いを発生させます。日本では臭いに関して敏感に反応するようになってきました。

少しでも体臭がするようなら、特別な目で見られるようになり、とても周りに気を使わなければいけない状態になっています。臭いに関して神経をつかわなければいけないようになってきています。

ワキガに関してあまり知識がない人の中にはワキガの人は不潔な人であると思い込んでいる人もいます。

不潔にしていればワキガの人でなくても強い臭いを発することもありますが、普段から清潔にしていてもワキガの臭いは改善されるわけではありません。

正しい知識を身につけるようにすることが大切になってきます。
ワキガの人は美容外科や皮膚科の医師に相談するのが良いでしょう。

手術に関しても最近では短時間で治療ができるワキガ手術もあります。悩みは人には相談しにくいと一人で悩んでいるなら専門の医師に相談してみてください。

ワキガとミョウバン

ワキガは人によって度合いが変わってくるので、制汗剤がワキガに効く商品ですとは言えません。

昔から汗を抑えるとして重宝されていたのがミョウバンです。

ミョウバンには制汗作用と殺菌作用があり、多汗症に悩む人にはおすすめです。

汗が抑えられると原因である細菌と汗腺からの分泌物の反応を抑えることができるので結果的に臭いも抑えることができます。

最近ではミョウバンワキガに効果がのでミョウバン石鹸やスプレーなどが販売されています。

ミョウバン石鹸やスプレーはワキガに効くだけでなく、足の臭いが気になる人、加齢臭が気になる人、局部の臭いが気になる人などにも効果があるので、ワキガ以外の臭いを気にしている人に人気があります。

ミョウバン石鹸やスプレー以外にもワキガに効くデドラント商品はあると思いますが、効果には個人差があります。

自分の肌にあったものを選ぶようにしましょう。

ワキガは女性がなりやすい

男性より女性の方がワキガになりやすいです。

女性は男性に比べ皮下脂肪が多く、アポクリン汗腺の数が多いので汗をかきやすいと言うのが理由の一つです。

汗をかきやすいと言うことはそれだけ臭いを出しやすくなります。

女性に比べ自分の体臭を気にする人があまりいないこともありますが、それほど深刻に考えていない人が多いようです。

汗腺を刺激する食べ物であるケーキなどの乳製品を女性の場合は好んで食べることから余計にワキガになりやすいです。

汗をかきやすい人がすべてワキガになりやすいわけではありません。

ワキガ臭を発生させないエクリン汗なら臭いがでることはありません。

問題はワキガ臭を発生させるアポクリン汗をかいているかどうかになります。

エクリン汗はアポクリン汗を体中に広げる作用がありますので、エクリン汗をかく人はワキガ臭を発生させやすくなります。

思春期などにワキガになれば、周りの目なども気になりますし、成人の人でも営業職など人と接することが多い職業に就いている人は臭いが気になります。

短期間にワキガ症を治療するには生活習慣を改善することは必要となりますし、美容クリニックなどでワキガの手術をすることでワキガ症の改善をすることができます。

ワキガの割合について


欧米では10人に8人の割合で、実に80%がワキガの人と言うことになります。

周りがワキガの人が多いからかも知れませんが、ワキガの臭いを気にする人がほとんどいないようです。

日本では10人に1人の割合と言われています。

欧米では肉食が盛んなのでワキガになりやすく、臭いを個性ととらえるような風習でワキガに関してはまったく気にしていないのが現状です。

日本では臭いに関してもチェックが厳しく、臭いに関しては厳しく反応しています。
少し過剰すぎるのも良くはないと思います。

臭いも軽度のものであれば、制汗剤などで臭いを分からなくすることができますが、重度のワキガであれば手術が必要になってきます。

周りにワキガの人がいても日本では、その人と仲が良くなければなかなか指摘できるものではありません。

本人がワキガだと気が付いてければ、指摘してあげる方が本人のためにもなるので良いですね。

ワキガはうつるのか?

ワキガの人からワキガでない人へうつると思っている人が結構います。

伝染病などではないので人から人へとはうつることはありません。

このようなワキガに対して誤解をする人が多いのでワキガの人はますます肩身の狭い思いをすることになります。

ワキガはアポクリン汗腺からでる分泌物と細菌が反応することでワキガになります。

ワキガは遺伝によってワキガになることはありますが、他人からワキガをうつされるようなことはありませんので安心してください。

日本人は臭いに関して過敏に反応するので、体臭のキツイ人は色々と苦労します。
体臭は欧米では気にする人はあまりいません。

耳垢でワキガかどうかわかると言われています。

耳垢が湿っている人全てがワキガになるわけではありませんが、ワキガの原因であるアポクリン汗腺が耳の中には多く集まっているので、耳垢が湿っている人はワキガになりやすいとされています。

ワキガの臭いと外国人

ワキガの臭いを外国の人は悪臭と感じないのは事実です。

ワキガは個性の一つととらえているようです。

日本では臭いは悪臭とされワキガの臭いフェチの人でもない限り嫌われる臭いの一つとされています。

日本人は体臭が少ない人の人口が10%程と少ないのが現状です。
体臭がすくない人が多いので余計に臭いが目立ってしまうのでしょう。

昔に比べ最近では臭いに関して過敏に反応する人が増えてきて、街のドラッグストアなどでも香りに関する商品が売れています。

臭いに敏感に反応する人が増えてきているからでしょう。

清潔にしている人がほとんどなのにワキガになってしまう人が多いです。

欧米のようにある程度の臭いは個性と受け入れられるようにしたいものですね。

子供のワキガ

子供でもなることがあります。原因であるアポクリン汗腺は思春期に発達するので、成長過程でワキガの手術をしてしまうとアポクリン汗腺を取り残すことになります。

子供ワキガ手術を受けさせるなら思春期を越えた頃にするのが良いでしょう。
食生活の欧米化にともないワキガになる子供も増えてきています。

子供が原因には食生活が欧米化している他にも遺伝も考えられます。
親の遺伝子を受け継いで子供もワキガになる可能性が高くなります。

重度のワキガであれば手術が必要になってきますが、軽度のワキガであれば制汗剤や消臭剤などで臭いを防ぐ方法を考えた方が良いでしょう。

子供のうちは外科手術によるワキガの治療は薬やワキガに効果があるとミョウバンなどを使うようにしましょう。

手術は体に負担がかかるので子供にはおすすめはできません。

ワキガ手術前のカウンセリング

ワキガの手術をしてみたいが、ワキガの手術にとても不安を感じている人もいるでしょう。

ワキガの手術では、まずはじめに専門の医師とのカウンセリングをするところから始まります。

手術のカウンセリングと聞くとどのような事をするのかイメージしにくいですが、普通の病院で言うところの問診のようなものです。

ワキガの手術はほとんどの人が初めての体験となるのですら不安に感じてしまうのは無理もありません。

その不安を解消する意味でもワキガの手術のカウンセリングが必要となります。最近では医師が治療にあたる際に治療方法などについて十分な説明をするインフォームドコンセントが当たり前のようになってきています。

ワキガについて本人と医師とが協力して治療にあたるようにしなければ本当の意味でのワキガの治療にはならないからです。

ワキガの治療を受ける患者さんの多くは、医師にすべてを任せようと考えてしまいがちですが、の手術を受けるのは本人なので自分がどのような状態になっているのか?ワキガの手術を受けた後はどのようにすれば良いのか?などワキガ手術を受ける前と後の事をきちんと考えなければいけません。

医師の方もできるだけワキガに悩む人を救おうとしている人が多いので、親身になって対応してくれますので、信頼関係を築きやすくなっています。

ワキガの治療と聞けばどうしてもワキガの手術方法に注目があつまりがちですが、ワキガの手術にはこのカウンセリングが同じように大切になってきます。

もし、あなたがワキガの手術を行うことを決めたなら少しでも疑問の残らないように医師に相談してみてください。

ボトックスによる治療

ボトックスによるワキガ治療は汗腺からの発汗を抑える効果があり、ワキガの臭いを抑える働きがあります。
傷痕が残ることもありませんし、その日にシャワーをすることもできます。

ボトックスによる治療は効き目が半年くらいでなくなるので一度ボトックス治療を受けたからと言って安心できるものではありません。

子供のワキガなどにはおすすめです。

ボトックス注射は副作用などはありませんので安心してください。

ワキガはアポクリン汗腺からの分泌物と最近が反応することで臭いを発生させるので、根本的にワキガを治したい人は、このアポクリン汗腺を取り除く必要があります。

治療方法の中には傷口があまり目立たない手術方法などもありますので、カウンセリングをしてもらって納得のいくクリニックで治療を行ってください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。